腱鞘炎、手首の痛み

とくに女性に多い腱鞘炎、手の使い過ぎや、ホルモンバランスの崩れによって手がむくみ、腱と鞘(さや)が過度に摩擦し炎症を引き起こすとも言われています。

 

当院では、まず患部を 「アイシング」

       通電、手技により腕をほぐし、

       必要な方には、テーピング・もしくは包帯で固定します。

 

家事などでなかなか固定は難しいという方は包帯ではなく、テーピングをおすすめいたします。また、夜間(寝ている間)の固定で症状改善が期待できます。